薬剤師としての転職で年収アップしました

苦労した母の姿を見て自立したいと願うように

大学に進学をするときに薬学部にしたのには理由がありました。
安定した仕事に就いて、自分で収入を得ることができる自立した女性になりたいという気持ちがあったのです。
このように思ったのにはわけがありました。
父親が不安定な仕事をしていたこともあって、母親がかなり苦労をしていました。
母はもともと専業主婦だったのですが、父の仕事がうまくいかないことで生活が立ち行かなくなってしまって困ることが多かったために、パートに出たりしていました。
当時は女性が仕事をしているという家庭はそれほど多くなかったのですが、子供ながらにパートではなく、しっかりと独り立ちをして仕事をすることができる人間になりたいと思ったのです。
それが私が薬学部に進んだ理由だったのです。
理系の教科が得意だった私は地元の国公立の大学に進学をしました。
思っていたよりもずっと勉強は大変だったのですが、それでも薬剤師の免許を取るということを目標にして4年間頑張って勉強をして、卒業をするころには国家試験に合格をすることができたのです。
それが20年ほど前のことでした。
そしてその資格を使って就職をすることができたのです。

苦労した母の姿を見て自立したいと願うように | 就職から数年、昇給の幅が狭くなってきた、、、 | 薬剤師専門の転職サイトで年収100万アップが実現!